日々つれづれ

ネガ写真で振り返る ~ドイツ旅編~

私が海外旅行に行き始めた1990年代、写真は今のようなデジタルではなく、ネガフィルムの時代でした。

★ネガフィルムの時代

24枚または36枚撮りのフィルムを何十本も持って、空港のエックス線検査のために、エックス線ガード用の袋にそのフィルムを入れ、渡航しました。帰国すると、フィルムを写真屋さんで現像してもらい、気に入った写真は大きく引き伸ばしてもらいました。

その後、現像と合わせてCDーROMにデータを入れてもらい、いつでも写真を楽しむことができるようになりました。ブログにアップしたスイスやニュージーランド、カナダはそれらの写真です。

今回、ネガしか残っていない写真の中から、どうしても残しておきたいものを、実家にあるフィルムスキャナーを使ってデータに起こしてみました。画像はあまりよくないものの、その時の思い出が色々蘇ってきましたので、数回に分けてその話をしたいと思います。

 

★バスで巡るドイツ

ドイツには今まで個人旅行で3度、ロマンティック街道、メルヘン街道、ベルリンなどを訪れました。その最初の訪問時の写真たちです。

ロマンティック街道ロマンティック街道バスを利用して、2度訪れました。2019年より経路や停車場所が大きく変更になったようですが、個人旅行者にとっては、観光地を巡ることのできる便利なバスです。

 ロマンティック街道バス  

https://www.romantischestrasse.de

ディンケンスビュールは、可愛い木組みの家が立ち並ぶ、中世の街並みがそのまま残る街です。当時は、45分間の停車時間の間に、街中を散策することができました。

こちらはドイチェスハウスという1440年頃建てられたホテル兼レストラン。切妻屋根がとても可愛い、ディンケンスビュールを代表する建物です。

家々のパステルカラーの壁がとにかく可愛い♪ カメラのシャッターを押す手が止まらなかったことを覚えています。

 

中でも、私が特に気に入った街が、フランクフルトに程近いヴュルツブルグです。

日本ではあまり馴染みのない街ですがレジデンツは世界遺産に登録されていて、「階段の間」の天井のフレスコ画は、長い時間見とれるほどとても素晴らしいです!

建物裏の庭園も、きれいに整備されています。

領主司教の居城であったマリエンベルグ要塞も見どころの1つです。要塞には、教会や博物館などもあり、何より要塞から見るヴュルツブルグの街並みが素晴らしいです。

そして、ヴュルツブルグに来たらぜひフランケンワインを飲むことをおすすめします。

ヴュルツブルグは、ドイツ有数のワインの産地。フランケンワインは、ドイツフランケン地方の白ワインで、壺型のボトルが特徴です。 キリッとした辛口白ワインで、現地で飲んだ味が忘れられず、今でも時々購入しています。

 

★ドイツ長期滞在の夢

こちらは、世界遺産の街バンベルグ。ドイツの小ベニスと言われる、旧市街の街並みと水辺の景色の美しい街です。あまり時間がなくて、充分観光できなかったのが心残りです。

そして、大学の街ハイデルベルグ。もう少し写真撮りたかったなあ。

「メルヘン街道」のハーメルンや木組みの家が可愛いツェレなど、写真はあるものの、一眼レフできれいな写真を残したいと思っている街もたくさん。

モノトーンの街フロイデンベルグや、絶景のザクセンスイス、魔女の街ゴスラーなど、行ってみたい所も、まだまだたくさん。

目下の夢。。。 リタイアしたら数か月ドイツに滞在して、行きたい所を制覇する!!

まず今年は、ドイツ行きたい所リストを作って、その街のことを色々調べよう! きっとそんな時間も楽しいはず♪

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です