大井川鉄道(2022.5) PR

大井川鉄道の旅 ~奥大井湖上駅編~

当サイトでは、アフェリエイト・アドセンス広告を利用しています。

千頭駅から井川駅を結ぶ南アルプスあぷとラインには、絶景の秘境駅として世界的にも知られている奥大井湖上駅があります。

 

★湖上に浮かぶ駅

奥大井湖上駅は、長島ダム建設により出来たダム湖「接岨湖」の左岸に半島状に突き出した場所にあります。

奥大井レインボーブリッジという赤い鉄橋が、駅を挟んで湖の端からかかっています。

因みに東京のレインボーブリッジは、この橋より後に出来たとのことで、オリジナルの名称だとか。

 

橋の上に線路が通っていて、ホームは黄色い線の部分です。

電車が来るとこんな感じ、乗客はこの狭いホームを乗り降りします。

もちろん駅の看板もこの通り。

 

上から見た駅は、本当にまさに湖に浮かぶ駅です!

駅の上にはカフェがあり、私が訪れた日は天気が良かったので、多くの人が来ていました。

 

この駅のビュースポットに向かいます。

橋の遊歩道を歩いて行きます。高さが約70mあるので、ちょっとドキドキ(笑)

橋のたもとから急な階段や山道を登ること約20分、足はすでにフラフラです。。。

 

そうして目の前に現れたのは、駅と橋を全部見渡せる最高の絶景でした♪

 

しばらく待っていると、電車がやってきました。

駅に到着。

出発です。

いつまでも飽きることなく見ていられるこの絶景、今度は秋の紅葉で再訪したいと思います。

こちらの記事もおすすめ