旅の便利帳 PR

韓国旅行にはsimとwi-fiどっちがいい? 韓国マニアがアドバイス!

当サイトでは、アフェリエイト・アドセンス広告を利用しています。

今韓国旅行でスマホを使う場合、e-sim、simカード、ポケットwi-fiなど、いろいろな方法がありますよね。

韓国旅行に行く時に、迷っている方も多いのでは?

今回は、韓国旅行歴数十年の私が、それぞれのメリット・デメリットを解説します!

 

手続き簡単、お店の順番待ちにも便利な「e-sim」

昨年スマホを買い替えてから、今私が使っているのがe-simです。

【新世界免税店クーポン配布中】韓国eSIM 3日間 プリペイドeSIM SKテレコム正規品 高速データ無制限 受信専用番号 (通話・SMS可能) 有効期限/2024年6月30日 韓国SIM RメッセージにてQRコード送信(順次発送) 韓国esim 韓国 simカード

価格:1800円
(2024/2/1 17:46時点)
感想(434件)



e-simのメリットは、以下の通り。

●カードの差し替えが不要
●日本にいる間に設定ができる
●韓国で使える受信用電話番号を無料で取得できる

スマホにSIMファイルをダウンロードして使用するので、SIMカードのように、カードをスマホに抜き差しする必要がありません。紛失の心配がないのがいいですね。

また日本にいる間にQRコードをスキャンしてe-simを登録できるので、韓国到着後は、そのe-simを有効化するだけで、インターネットが使えます。

予約をしてすぐにQRコードが送られてくるので、出発間際でも対応可能です。

さらにQRコードと一緒に、受信ができる無料の韓国の電話番号を手に入れることができます。

最近韓国では、レストランやカフェのキャンセル待ちの際、韓国の電話番号を入力しないといけない場合が多くあります。

12月の韓国旅では、サムギョプサル屋さんとベーグルカフェで、この電話番号を使ってキャンセル待ちをしました。
電話番号を機械に入力すると受付完了のメッセージが、順番が近くなるとそのお知らせがショートメールで送られてきて、とても便利でした。

 

ではデメリットは?

●e-sim対応のスマホ端末が限定される
●複数の端末で使用できない

現在e-simが使えるのは、一部のスマホ端末に限られます。

お使いのスマホが対応しているかは、e-simを購入前に確認してくださいね。

 

 

対応機種なら、simカードがおすすめ

プリペイド型のsimカードは、対応機種であれば、wi-fiルーターを持ち運ばなくてよく、充電を気にする必要がないのがいいですよね。


●wi-fiルーターを持ち運ぶ必要がない
●日本国内だけでなく、現地でも購入できる

ただしsimカードは小さいので、入れ替えには細心の注意が必要です。

またカード1枚につき1端末のみ使用可能なので、同行者とシェアすることはできません。

●simカードの入れ替えが面倒、なくす恐れがある
●対応端末のみ使用できる

 

 

複数人で使うならwi-fiレンタル

複数人で旅行するなら、wi-fiレンタルがおすすめです。

料金はルーター1台あたりの代金なので、複数人でシェアすればお得ですよね。

またスマホだけでなく、パソコンやタブレットを一緒に持っていく場合も、同時に使うことができて便利です。

●複数人数で使える
●設定が簡単

一方ルーターは、充電が必要なこと、持ち運びが必要なのが、少し面倒ですね。

●ルーター端末の受け渡しが面倒
●端末の充電が必要
●スマホ以外に、持ち歩く必要がある

 

 

まとめ

今回は、韓国でインターネットを使う方法について、メリット・デメリットを紹介しました。

どの手段を使うかは、持っているスマホ端末や旅行形態に合わせて、検討してはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ