滋賀(2016.11)

滋賀・近江八幡の秋を楽しむ(その2)

八幡堀の散策をを楽しんだ後は、ロープウェイに乗って街を眺めます。

★八幡山ロープウェイに乗る

八幡堀のすぐそばに八幡山ロープウェイの乗り場があります。山頂までは約4分で到着します。

山頂からは琵琶湖や比良山系、近江八幡の街を眺めることができます。天気が良かったのでとても綺麗に見えました♪

 

★近江商人の街並みを散策する

ロープウェイにて山麓に戻った後は、近江商人たちが活躍した当時の面影残る街並みを散策します。

まずは白雲館

近江商人たちによって、明治10年八幡東学校として建てられました。当時200人以上の子供たちが学んでいたそうです。現在は、市の文化財として、観光案内所や市民ギャラリーとして使用されています。

六角形の屋根の塔が特徴的で、西洋建築と日本の伝統建築がうまく融合されています。

 

次は、「新町通り」と呼ばれる商人たちの旧家が並ぶ通りを散策します。

この辺りはとても静かで、時が止まったような感じがします。

この他にも、近江八幡には有名な建築家ヴォーリズが建てた建築物が点在し、近代建築ファンにとっては、ヴォーリズ建築を堪能できる場所でもあります。

見どころいっぱいの近江八幡。ぜひ訪れてみてください。

詳しい観光情報は、近江八幡観光物産協会HPにて。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です