ソウル(2023.2) PR

韓国・水原 ~世界遺産編~

当サイトでは、アフェリエイト・アドセンス広告を利用しています。

韓国・水原の日帰り旅、ドラマロケ地巡りの後は、世界遺産を訪れます。

 

★水原華城

水原華城は、1796年朝鮮王朝第22代王の正祖が造った華城で、世界遺産に登録されています。

周囲約5.5㎞、高さ約7mの石造りの城壁に囲まれ、4つの城門があります。

 

城門のどこからでも登って城壁を歩くことができます。現在無料なのが嬉しいですね。

私は西の「華西門」からスタートしました。

 

城壁の上は、歩きやすくなっています。

 

南の「長安門」に到着です。

長安門は、華西門より規模が大きく、下から見上げると迫力があります。

 

長安門の上から遠くを見ると、気球が!

こちらは、「フライング水原」というアトラクションで、地上とケーブルで繋がれた係留式の気球で、地上70~80mから水原市内を一望することができるそうです。

 

★華城行宮

城壁内にある華城行宮を訪れます。

華城行宮は、王が宿泊する臨時の宿で、正祖が父の霊廟を参拝する際に利用していました。

 

入場料1,500Wを支払い、正門「新豊楼」から入場します。

 

出迎えてくれたのはチャングム(笑)??

華城行宮は、ドラマ「チャングムの誓い」や「イ・サン」「雲が描いた月明かり」などのロケ地となっています。

敷地内には、ドラマのロケ地だったことを紹介する展示もあります。

ドラマによく出てくるような場所が、あちこちに。

 

正殿となる「奉寿堂」。

中には、王様と家臣の方々がいらっしゃいました(笑)

現在、復元工事中のため、一部見学が制限されていますが、充分見ごたえがありました。

今回は訪れることができませんでしたが、この他にも、八達門や蒼龍門など見どころがたくさんあります。ぜひまた近いうちに再訪したいと思います。

こちらの記事もおすすめ