ソウル(2023.12) PR

ソウル 徳寿宮の新名所 惇徳殿(トンドクジョン)

当サイトでは、アフェリエイト・アドセンス広告を利用しています。

2023年12月ソウル旅。

韓国五大古宮の1つ徳寿宮

徳寿宮の敷地内にある惇徳殿(トンドクジョン)が、5年間の復元工事を終え、2023年9月にオープンしたのを知り、行ってきました!

 

 

西洋建築が美しい惇徳殿

惇徳殿は、徳寿宮の敷地奥に建つ、茶色のレンガと青緑のドアと窓枠が美しい2階建ての西洋建築です。

建設された大韓帝国当時は、外交会館や迎賓館として使われていましたが、1920年代に日本によって取り壊されました。

100年ぶりによみがえった惇徳殿は、現在、当時の歴史的資料や展示、図書スペースとして使われています。

 

玄関ドアを開けてまず目に入るのは、左右に続く長い廊下です。

レンガの壁と青緑の窓枠、白い壁に光が差し込み、本当に美しい♪

2階も同様の造りになっています。

 

1階の玄関ホールの床に、ガラスがはめこまれている箇所が。

下を覗くと、当時の遺構が残されています。

 

2階のベランダの手すりや、レンガ壁の装飾もとても可愛いです❤

 

2階の廊下は、クリーム色の壁と幾何学模様の床が落ち着いた雰囲気です。

こちらは2階の図書スペース。

映像を使った資料が多くあり、見応え充分です。

また、思わず写真を撮りたくなるスポットもいっぱいです。

徳寿宮の入場料のみで見学できますので、ぜひ訪れてみてください。

 

徳寿宮の見どころ

徳寿宮には、この他にも見どころがたくさんあるんです。

正門の大漢門の前では、1日2回11時と14時に「王宮守門将交代儀式」が行われます。

ちょうど私が訪れた際、当時の衣装を身に付けた守門たちが登場しました♪

 

正門から続く石垣「トルダムキル」は、韓国ドラマや映画でよく見かける場所ですね。

 

石造りの西洋建築「石造殿 大韓帝国歴史館」は、予約制にて内部を見学できます。

 

建設当時の姿がしのばれる、屋根や壁の装飾が美しい「中和殿」。

 

「昔御堂」は、王が滞在した、徳寿宮唯一の2階建ての建物です。

 

古宮越しに見えるビル群、ソウルならではの景色ですね。

最寄り駅は地下鉄1号線「市庁」駅、2番出口から徒歩3分のところです。

開館時間は9時~21時、月曜日は定休日です。

入場料は大人1,000ウォン、無料のガイドツアーもあります。

 

何かと忙しい韓国の旅ですが(笑)、韓国の文化や歴史に触れる時間を過ごす時間も、旅のいい思い出になります。

機会があれば、ぜひ古宮を巡ってみてくださいね。

 

コネストの情報は、こちらから。

こちらの記事もおすすめ