ソウル(2023.12) PR

牡蠣料理の名店が移転再オープン! ソウル 景福宮「kitchen ONYOU(旧 光化門クルパプ)」

当サイトでは、アフェリエイト・アドセンス広告を利用しています。

2023年12月ソウル旅。

冬の韓国旅といえば、一度は食べたくなるのが牡蠣料理ですね。

2022年5月惜しまれつつ閉店した、牡蠣料理の専門店「光化門クルパプ」。
2023年に景福宮近くに、kitchen ONYOUという新しい店名で、移転再オープンしたことを知り、夕食に訪れました。

 

 

カフェのような清潔な店内

新しいお店らしく、綺麗な店内です。

食堂というより、カフェのような内装ですね。

小さいテーブルが多く、お一人様でも入りやすい雰囲気です。

18時頃訪れましたが、お客さんがどんどん入ってきていました。

ランチタイムには、会社員や観光客でいっぱい、行列ができることもしばしばだとか。
前のお店同様、人気のお店ですね。

 

 

評判の牡蠣ビビンバ

牡蠣をメインとしたビビンバやクッパのほか、スユク(ゆで豚)や チヂミ、貝蒸しなどのメニューがあります。

 

私は、前のお店からの人気メニュー「クルアルパプ(牡蠣とトビコのビビンバ)」(11,000W 2023.12現在)を注文しました♪

パンチャンは、トトリムク(どんぐりのデンプンを固めたもの)と大根キムチ、キャベツのマヨネーズ和え、わかめスープが付いてきます。

 

ビビンバには、いっぱいの牡蠣に、トビコ、カニカマ、きゅうり、キムチ、海苔がのっています。

 

よく混ぜていただきます!

牡蠣のプリプリ食感とトビコのプチプチ感が、美味しい♪

しっかり完食しました❤

次回は、もう1つの人気のメニュー「クルクッパプ(牡蠣雑炊)」も食べてみたいです。

隣の席のお一人様韓国女子が食べていた、山盛りの貝蒸しも美味しそうだったなぁ。。。

 

 

お店の情報

お店の場所は、地下鉄3号線、景福宮駅7番出口から徒歩6分のところです。

オフィステルの1階にお店があります。

営業時間は10時半~21時半、日曜日・祝日、旧正月と秋夕の連休は定休日です。

NAVERの詳細は、こちら

こちらの記事もおすすめ