チェコ(2017)

プラハ市民会館でミュシャに出会う

プラハでミュシャを楽しむなら、ぜひ訪れていただきたいのが市民会館市長の間です。

★市民会館のガイドツアー

市民会館では、1日数回ガイドツアーが行われていて、内部を見学することができます。日によってスタート時間が異なるので、私は窓口で確認をして、チケットを購入しました。私が参加した回は20人ほど、その内日本人は、私を含め8人でした。ガイドは英語で行われ、1階の集合場所から、ガイドさんに付いて2階へ。まずは、スメタナホールを見学します。スメタナホールは、舞台だけでなく、天井や壁の装飾が本当に素晴らしく見どころ満載です。

次にいくつかのサロンを見学します。こちらは、元々女性のためのサロンで、今は一般の方でも、予約をすればイベントやパーティーで使用できるとのこと。天井や壁のアールヌーボー装飾がとても綺麗です。

こちらは、バラツキーホールの壁一面の壁画です。迫力があります。

★ミュシャが描いた市長の間

そしてツアーの最後に訪れるのが市長の間です。天井と壁一面にミュシャが描いたのは、スラブ民族の団結です。ミュシャは、愛国心からこちらの制作を無償で引き受けたそうです。天井画だけでなく、窓ガラスやソファー、カーテンなどの装飾に至るまで携わったミュシャの世界観に、本当に感動します♪

天井に向かって描かれているのは、チェコの偉人たち。

本当に息を飲むような素晴らしい市長の間ガイドツァーでしか見ることができないので、ぜひ時間があれば訪れてほしい所です。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です