チェコ(2017)

プラハ カレル橋に行ったなら

プラハに来たなら、カレル橋は必ず行く観光スポットですよね。

★カレル橋を上から眺めてみる

全長約520mのカレル橋いつも多くの観光客で賑わっています。

橋を渡る前にぜひ私がおススメしたいのが、カレル橋のたもとにある旧市街塔に登ることです!!

ここは、プラハの絶景スポットとして有名なところです。塔の入口を入って少し階段を上がると窓口があり、入場料90コルナを払って、さらに塔内の石段を登っていきます。そして展望スペースに到着して、目の前に広がるのは、目の前に延びるカレル橋と、遠くにそびえるプラハ城 これぞ絶景です!!

初めてこの塔に登った時は、この素晴らしい景色を時がたつのも忘れて眺めていました。

展望スペースからは、360度の眺めを楽しむことができます。カレル橋の反対側からは、旧市街の街並みが眺められ、ティーン教会旧市庁舎だけでなく、遠くの方にはプラハのテレビ塔も見ることができます。

また、モルダウ川沿いには国民劇場の姿も。

★カレル橋の聖人たちと出会う

上からの眺めを満喫したら、カレル橋を渡りましょう。日中は観光客で大混雑するので、朝早く行くのがおススメです。

橋の両端に立つ30体の聖人たち、その中でも一番人気があるのが、聖ヤン・ネポツキー像です。像の中で一番古く、唯一ブロンズのこの像は、パワースポットとして有名です。像の台座の犬を撫でると幸福になると言われていて、その部分だけは大勢の人に撫でられて光っています。

聖ヤン・ネポツキー像越しのプラハ城も美しい♪

こちらは、日本人に馴染みの深い聖フランシスコ・ザビエル像東洋人らしき人が像を支えています。

他にも素晴らしい像が、ずらりと並んでいます。

プラハに何度来ても、この景色だけは飽きることない私の大好きな場所です。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です